ニュース

2012年のニュース

2012年5月22日
ガイドライン2010対応の乳児と小児に特化したチャイルドケアプラスV7が完成しました。
新しいチャイルドケアプラス・コースは、CPR、AEDはもちろん、身近に起こりうる病気やケガへの対応方法も多く含んでいます。 オプションのトピックには、新しくエピペン®や薬剤吸入器の情報などが含まれており、さらに多様なニーズにお応えできます。また、このコースは成人に対する救命法もカバーしているので、乳児・小児のみならず、保育や学校の施設内に出入りする大人の緊急時にも対応できます。