訓練プログラム一覧

ケアプラス

ケアプラス・コースはCPRとAEDを短時間で習得できるプログラムです。
突然の心停止のための対処法の訓練(CPR訓練とAED使用法)だけでなく、日常生活で家族を守る、職場で同僚を守る、顧客サービスの現場でゲストを守るために重要な、必要最小限の救命情報も含んでいる参加価値の高いコースです。企業内応急手当プロバイダー(救助者)はもとより、幅広く一般市民に活用されるようデザインされています。時間のない方には最短時間で、豊富なスキル練習をご希望の方にはオプションのトピックを加えて受講できます。
ケアプラス・コースのバージョン8の教材は、医学ガイドライン2015に準拠しています。

ケアプラス・コースは受講者の多様なニーズを満たすために、「成人」「成人と小児」「小児と乳児」そして「全年齢」の4つのパターンをお選びいただけます。

  • 成人 - 成人のCPRとAED使用法を習得したい方。所要時間は2~3時間前後
  • 成人と小児 - 成人と小児のCPRとAED使用法を習得したい方。所要時間は3~4時間前後
  • 小児と乳児 - 小児と乳児のCPRとAED使用法を習得したい方。所要時間は3~4時間前後
  • 全年齢 - すべての年齢のCPRとAED使用法を習得したい方。所要時間は4時間

受講生ブック

受講者は各自、受講生ブックを1冊ずつ所有して受講し、後の参照用として持ち帰ることができます。
  • A5版フルカラー
  • 全編70ページ

認定カード

該当する年齢層の各コースを満足に修了すると、プラスチック製の認定カードがその場で発行されます。(該当する年齢層のボックスにチェックが入ります)
  • 追加費用はかかりません
  • 有効期限は2年間

コース修了証書

オプションにて認定カード以外に「修了証書」形式で発行することができます。

企業内コース修了証書

オプションで施設、組織内に複数の職員が訓練を受けたことを表示する「修了証書」も発行することができます。

受講者教材セット

受講者がコースで使用する教材セットです。
  • 受講生ブック
  • ポケットスキルガイド
  • 救急計画
  • 人工呼吸バリア
  • 保護用手袋
  • ジップロック袋
  • 認定カード

ケアプラス講習の概要

受講対象
  • 一般市民
  • 企業、組織、施設の従業員
  • 警察官
  • 消防団員
講習の条件
  • 指導員1名に対して受講者最大12名まで
  • 練習用人形1セット(該当する年齢に応じて成人、小児、乳児)に対して受講者最大3名まで
  • AED訓練器1台に対して受講者最大3名まで
  • 1クラスの講習の最大人数は2名の有資格インストラクターに対し24名まで
インストラクター使用教材
  • 講習用DVD
  • インストラクター・ガイド
受講者使用教材
  • 受講生ブック
  • ポケットスキルガイド
  • 救急計画
  • 実習用品セット(人工呼吸バリア、保護用手袋など)
スキル実習 受講者は小グループに分かれて基本的なスキルの練習をし、そのスキルを現実にあてはめる練習をオプション・シナリオで行ないます。
所要時間 3~4時間(但し、参加者のトレーニング受講経験や参加者数などにより異なります)

コースで提供される講習内容

心停止
  • 酸素と人間の体
  • 突然の心停止
  • 心肺蘇生法(CPR)
  • 早期除細動
  • 蘇生(救命)の連鎖
  • 二次的な心停止
  • 小児と乳児
救助に備えて
  • CPRとAEDプロバイダー
    • 緊急事態に気づく
    • かかわる人の安全
    • 助けようと決める
  • 自分を守る
    • 血液感染性の病気
    • スタンダードプリコーション
    • 自分を守る予防具
  • 法的な側面
    • 同意、同意の示唆、遺棄しない
    • 良き隣人法
  • 救援を呼ぶ
    • 救急医療サービス(EMS)
CPR&AED
  • 胸部圧迫
    • 成人
    • 小児と乳児
  • レスキュー呼吸
    • 気道を確保する
    • バリア(保護具))を使う
    • 息を吹き込む
    • CPRマスク
    • CPRシールド
  • 自動体外式除細動器(AED)
    • AEDの操作
    • 成人
    • 小児と幼児
    • AEDのトラブル解決と注意事項
  • 初期の評価 - 意識なし
    • 回復体位(リカバリーポジション)
  • 心停止の手当て
    • 成人
    • 小児と乳児
  • 複数のプロバイダーによるCPR
  • チョーキング(のど詰まり)- 軽度と重度
サプルメントトピックス(オプション)
  • 胸の痛み、激しい圧迫感や不快感
    • 脳卒中
  • 出血のコントロール
    • 止血帯[ターニケット]
    • 止血ドレッシング
  • ショック
    • 内出血
その他の考察事項
  • 精神面の考察事項(オプション)

受講者からのコメント

2014年6月受講
今まで何回かAEDの講習を受けた事がありましたが、今回の講習が一番わかりやすかった。心停止の時の心臓がどんな状態になっているのかを初めて見た。倒れている人の起こし方や、実際に自分が倒れた人役になって、起こしてもらってみて、どうしたら起こされたままの状態に出来るかがわかった。起こされる方も、起こす方も全然辛くなかった。あまり力を入れなくても起こすことが出来た。今回の講習で今まで習っていても忘れている事や新しく教えてもらった事もあってとても勉強になりました。もし倒れた人を見かけたら自分に出来ることを探して、少しでも役に立ちたいと思いました。
2013年10月受講、フィットネス関係者
前回に受けたときよりもまた少しかわっていて新鮮でした。どんどん簡単になっていくんですね。忘れかけていたことと、知ってるつもりになっていたことを、改めて学ぶことができました。この業界で働いていくには絶対必要な知識だと感じました。今日は、ありがとうございました。
2011年5月受講
何年か前に違う救急法の講義・試験を受けました。今回MFAを受けて思ったのは、前に受けた講習はすごくかたい授業というイメージがあったので、そういうものなのかと思っていたのですが、MFAを受講してみて、少し気持ちを楽に人の力になれる、というイメージでした。話を聞いていても、とても分かりやすかったです。なかなか勇気が出ずこわいというイメージがなくなり、身近にCPRをする状況になっても、今までの気持ちと違ってやりやすくなったな、と思いました。
2009年10月受講、サービス業
今年6月に父が突然の心停止で家で亡くなりました。私は仕事で不在で、母一人で119番も思い出せず、 近所のおばさんと、救急隊員が到着するまで電話でCPRを行うよう言われたのですが、母には「さっぱり分からなかった、何もできなかった」と言っており、 知識があって実践できるということは大きな能力であり、大切だと思いました。ありがとうございました。
2008年6月受講、地方公務員
今までにも消防組合実施の講習やAED講習などに参加したこともあり、ある程度知識があると思っていたが、本日の受講内容は初めて聞く方法もあり、大変勉強になりました。 インストラクターの講義も実際に現場で体験した内容を交えながら分かりやすく非常に有意義な内容でした。 この知識をもって、いくらかでも他の人の為になれるようがんばっていきたいです。
2008年2月受講、学生
全年齢層のコースを受けた。ビデオと実習の分かりやすい講習でした。状況設定もあり、より理解を深めることができました。
2008年2月受講、客室乗務員
機内だけでなく、日常生活の場(特に乳児、幼児に対するCPR)においても役に立つCPRとAEDの訓練でした。
2008年2月受講、会社員
先月、衛生管理者資格を取得し、その資格の中で応急手当てを学ぶ機会があり、実際に自分で行えるスキルを身につけたいので受講しました。 理論ややり方だけを知っていた救急蘇生法を実際に自分で行えるスキルとして学べ、非常に役に立ちました。
2007年10月受講、自由業
以前、他社のインストラクターが行う講習を3回ほど受講しているが、今回のMFA講習が最も分かりやすく実践的でした。特に良かったのは、 (1)インストラクターの説明がうまく、とてもフランクでよかった、(2)バリアの使用方法と感染の問題を学ぶことができた、(3)ビデオが分かりやすい点だ。