訓練プログラム一覧

エマージェンシーケア・ファーストエイド

MFAは、オールラウンドな救助者の養成を目指し、救命法と救急法の同時習得トレーニング・プログラムでスタートしましたが、「ケアプラスCPRとAED」という救命法短時間コースで、まずは救命法を習得したいというニーズにも応えています。

しかしながら、より日常的な緊急時にも対応できる総合的な救助者の養成という視点から、救命法を有効に補完するプログラムとして、新たにこのプログラムをスタートさせました。あなたの家族や友人、身近な人々を大切にしたいと願うあなたにぜひ受講いただきたいコースです。

受講生ガイド

受講者はベーシックプラス受講生ガイドまたはチャイルドケアプラス受講生ガイドをを1冊ずつ所有して受講し、後の参照用として持ち帰ることができます。

受講者教材セット

ECFAサプルメントキット成人
  • ベーシックプラス受講生ガイド
  • 救急計画
  • 保護用手袋
  • 包帯
  • ガーゼ
  • ジップロック袋
  • 認定証書
ECFAサプルメントキット小児
  • チャイルドケアプラス受講生ガイド
  • 救急計画
  • 保護用手袋
  • 包帯
  • ガーゼ
  • ジップロック袋
  • 認定証書

修了証書

コースを満足に修了すると修了証書がその場で発行されます。
  • 追加費用はかかりません
  • 有効期限は2年間

企業内コース修了証書

オプションで施設、組織内に複数の職員が訓練を受けたことを表示する「修了証書」も発行することができます。

エマージェンシーケア・ファーストエイド講習の概要

受講対象
  • 一般市民
  • 企業、組織、組合、工場の従業員
  • 救命法の講習のみ、あるいはケアプラス修了者
  • 救急法(ファーストエイド)に特化したトレーニングを受けたい方
  • 応急手当て講習を受けたことがない方
講習の条件
  • 指導員1名に対して受講者最大12名まで
  • 1クラスの講習の最大人数は2名の有資格インストラクターに対し24名まで
インストラクター使用教材
  • 講習用DVD
  • インストラクター・マニュアル
受講者使用教材
  • 受講生教材(ベーシックプラス受講生ガイドまたはチャイルドケアプラス受講生ガイド)
  • ポケットスキルガイド
  • 救急計画
  • 実習用品セット(保護用手袋など)
スキル実習 受講者は小グループに分かれて基本的なスキルの練習をし、そのスキルを現実にあてはめる練習をオ プション・シナリオで行ないます。
所要時間 4~5時間

コースで提供される講習内容

応急手当てプロバイダー
  • 緊急事態に気づき、助けようと決める
  • かかわる人の安全
  • 汚染した手袋を外す
  • 法的な側面
  • 救急医療サービス(EMS)
生命を支えるための基本スキル(BLS)
  • 初期の評価 - 意識なし
  • 意識不明、呼吸あり
応急手当ての評価
  • 初期の評価 - 意識あり
  • 二次評価
重傷のケガの手当て
  • 出血のコントロール
  • 内出血
  • ショックの管理
  • 頭、首、背中のケガ
  • 脳のケガ
  • 四肢の晴れ、痛み、変形
軽いケガ(チャイルドケアプラスのみ)
  • 軽いケガ
ヤケド
  • ヤケド
顔のケガ(チャイルドケアプラスのみ、ベーシックプラスではオプション)
  • 目に入った物体、目に入った化学物質、鼻血、歯のケガ
急病の手当て
  • 突発的な病気の警告兆候
  • 意識レベルの変化
  • 脳卒中
  • 糖尿病の緊急時
  • けいれん発作
  • 呼吸困難、息切れ
  • ぜんそく
  • 激しいアレルギー反応
  • 胸の痛み、圧迫感や、不快感
  • 激しい腹痛
中毒
  • 飲み込みによる中毒
  • 吸い込みによる中毒
咬み傷と刺し傷(チャイルドケアプラスのみ、ベーシックプラスではオプション)
  • 咬み傷と刺し傷、蛇の咬傷、クモの咬傷、刺す虫、人間や動物による咬み傷
環境による緊急時
  • 熱疲労
  • 熱射病
  • 低体温症 (ハイポサーミア)
  • 凍傷
その他の注意事項
  • 緊急移動
  • 精神面の考察事項(救助におけるトラウマ予防情報)

受講者からのコメント

2014年4月受講
1日があっという間に感じたコース内容でした。実際にシミュレーションをしてみると、全然動けてなかったり(知識はあっても)安全確認をしていなかったり色々反省点が明らかになりました。忘れないように、またコースを受講したり勉強したいと思いました。楽しく充実した内容でした。ありがとうございました。